ケーススタディ | Case study

企業防衛法人向け

役員・従業員の退職金をどうしたらいいのか?
金額は?
準備するにあたっての方法は?
など、経営者からのこの手の相談は多い。

この会社は、従業員の退職金の相談だった。
以前より生命保険会社の営業員から勧められてた福利厚生目的で保険に加入していた。
確かに、福利厚生の目的で加入しているので二分の一損金扱いである。
ただ、この保険にはルールがあって損金を認めてもらおうと思えば全員加入・普遍的加入・受取人等の問題など基準がある。

この会社は、保険内容等を全て任していたので基準も確認せずに加入していた。
現状分析で発見できたのですが、損金を認められない状態での加入になっていました。

実際、経営者の方にヒアリングを行い現状分析から企業が求めるニーズ把握をしっかりと実施して準備するべきものである。

今回のケースでは、現状の保険内容変更等を行いその企業に合った型での設計をし直しての結果になった。